メニューの開閉

人に見えないことを大切に~こだわりの川根柚子~

川根柚子協同組合 広島県安芸高田市

2020.04.01 更新

創業のきっかけは、災害から地域を支えるために

広島県安芸高田市高宮町という島根県との県境の場所に川根地区というエリアがあります。

大災害をきっかけに地域の中で経済の基盤を作ろうと、柚子の栽培をスタートしたのが現在の川根柚子共同組合の始まりです。

現在では約3500本、柚子の木が栽培されています。

なぜ柚子かというと川根地区は地形が独特で気候も雪が多いため作物が育ちにくい環境でした。

そんな中、一家に一本、柚子の木はしっかり育っていたことから柚子であれば安心して育てられるのではないかと柚子の栽培に力を入れることになりました。

 

人に見えないことを大切に

川根柚子協同組合では目には見えない商品の裏側にある生産者の想いや苦労を忘れないようにとこのビジョンを掲げています。

川根柚子で育てている柚子は栽培期間中農薬不使用にこだわり、丁寧に手間ひまをかけて栽培しているのです。

川根地域でできた柚子は、皮に含まれる苦み成分が他の国産柚子に比べ約3分の2程度であるため、苦みが少ないまろやかな酸味と芳醇な香りが引き立ちます。

そのためお菓子やお総菜などの具材の一つとして美味しく「皮を食す」ことができます。

お陰様で、賞を頂くなど一定の評価を頂く商品も出てきております。

アジア最大級の国際食品、飲料展「FOODEX JAPAN」にて女性自身が買いたい、
食べたい食品、飲料を選ぶ「FOODEX美食女子」の金賞を受賞した『柚子ヴぁたーケーキ』です。


川根の柚子を通じて、川根地区のことをもっと知ってほしい


私たちが済む川根地区は、過疎が進む真っ只中にあります。

高齢化も、他の地域よりも深刻です。

 

広島といえばレモンを浮かべる方も多いですが、私たちが育てた柚子をもっと多くの人に知って頂きたいです。
そして柚子をきっかけに、もっと川根地区や安芸高田のことを知り、身近に感じて頂けると嬉しいです。

ぜひ私たちと一緒に、川根地区・安芸高田市を盛り上げてくれる方を募集しています。

 

事業内容 ・川根柚子の生産・販売・加工
ビジョン ・人に見えないことを大切に
ビジョンと現状のギャップ ・雇用も含めた地域の経済を支えるために始めた事業の一方、地域の雇用のみでは従業員の高齢化により、できることに制限ができてしまっている。
・販路の拡大やBtoBへの展開など新しい事業などを行っていきたいが、営業の担当者が1人のためアイディアが凝り固まってしまっている。
地域への貢献活動 ・川根地域に住んでいる従業員の雇用の創出や柚子製品を通じた川根地区のPR
柚子生産を通じ、市内外の学校へ社会科としての出前授業や、収穫体験の社会見学などから地域内外の学校教育への繋がりの構築。
複業人材に期待すること ・広島のレモンだけでなく、川根柚子のことを知ってもらうためのプロモーションが得意な方
・既存の主力商品のマーケティングを手伝ってくれる方
・BtoBに展開する支援をして頂ける方

=====================================================================

※JOB HUB TRAVELへのエントリーがまだの方は、エントリー時に”ENTRYへの想い”欄へ「川根柚子様希望」とご記入ください。すでにJOB HUB TRAVELへエントリー済みの方はメールアドレス:travel@jobhub.co.jpへ、お名前と「川根柚子様希望」とご記入の上ご連絡頂けますと幸いです。

ENTRY

  1. 人に見えないことを大切に~こだわりの川根柚子~

ENTRY

応募、お問い合わせはこちらから
*は記入必須となります。

個人情報の取り扱いに関して

個人情報の取扱いについてはこちらをご確認ください。