メニューの開閉

<受付終了>「あったら便利、あったらいいのに..」農業現場の声をカタチにして62年

株式会社 啓文社製作所 広島県安芸高田市

2019.12.11 更新

創業は戦前、書店からスタートしました。

 

啓文社製作所は広島県安芸高田市にある
農業現場を中心に約100種類の農業機械を製造販売するメーカーです。

 

会社の歴史としては戦前、広島県尾道市で書店として創業した

啓文社が母体となっており、昭和32(1957)年 農薬などの農業資材を販売する商事部として開設、啓文社製作所として現在に至っています。

農業機械を創造し、お客様に満足と笑顔を届ける

 

啓文社製作所の原点、それは農業従事者の方の「現場の声」に耳を傾けることです。

会社のモノづくりのポリシーとして、会社設立以来、一貫して「現場主義」です。

農作業の時間短縮、重労働の緩和になるようなアイディアを数々製品化してきました。

商品ラインナップの中には創業時からの超ロングセラー商品もあります。

日本全国の農業従事者の方々に長きにわたり、ご愛顧いただきました。


 

農業だけでなく世の中のお役に立てる製造業

 

2018年、2019年と大きな台風・豪雨災害が日本を襲いました。

農業の現場だけでなく、甚大な被害の爪痕を日本に残しました。

こういった災害現場で啓文社製作所の製品が思いがけず使用されました。
小型の軽量コンベアです。

農業用の資材を一人で軽量用トラックに積み込むための小型軽量コンベアが

災害時の土嚢や土砂を詰めて運び出す為に使用されたのです。

農業の領域を超えて消防や警察等の機関から注文が増えた製品事例です。

災害で苦しめられた地域の方々や災害地域で復興作業に汗を流しておられる各機関の方々のお役に立てたかと思うと本当に嬉しく思います。

「これから」を考えれば、新しい視点とアイディアが必要です。

 

このように常に農業業界における「現場の声」をカタチにしてきた弊社ですが、農業業界を今後の主軸販路としながらも、小型軽量コンベアの使用実例が示す通り、業種業界の垣根を超えた「現場のアイディア、ニーズ」が販路の拡大に繋がったり、汎用アイディアの領域拡大に繋がっている事実、実績があります。社内の視点からは生まれなかったアイディアです。
現在の約100種類の既存農業機械の中には発掘されていない活躍領域を超えて行ける汎用アイディアもまだまだ、あるかもしれません。


農業業界は農業従事者の減少なども背景としてあり、今後の社会の変化を鑑み「これから」を考えれば、農業機械専門という事業領域を抜け出して新鮮な視点で新製品企画、既存製品の汎用拡大を考えていかねばと思っています。
単に新製品等のアイディアだけではなく、事業領域を超えてゆける想像力豊かなチャレンジ精神を持った若手の営業人材も常に募集しています。

啓文社製作所を新たな視点でとらえ、新規開発商品を考えられる方、新規開発商品のアイディアが集まるWEBサイト等の仕組みを一緒に考え取り組める方、また既存製品に新たな領域を与えてくれる方、そしてこれからの啓文社製作所を一緒に考えてくれる方のエントリーをお待ちしています。

 

事業内容
  • 農業現場を中心に約100種類の農業機械を製造販売するメーカー
  • 医療用機械(磁気治療器)の製造販売
  • 平成19(2007)年11月、中国寧波市に快播農業機械有限公司を設立。 
ビジョン
  • 農業の現場の声を生かした「お客様第一主義」
  • 事業反映発展のコンセプトとして「成長させること、安定させること」
ビジョンと現在のギャップ 農業機械を今後も製品主軸としながらも、今後見込まれる国内農業現場の縮小等もあり、新しい農業分野での商品開発は農業以外の現場でも事業販路を拡大したい。その為の営業人材も必要である。
地域への貢献内容や役割 地域を含めた農業従事者の作業軽減や生産性向上に寄与してきた。
解決したい課題
  • 新しい商品アイディアや提案をしてもらいながらも、弊社の速度に合わせて伴走型で寄り添ってくれる中長期的なお付き合いができる方。
  • 新規開発商品のアイディアが集まる仕組みを一緒に考え取り組める方(新商品開発の相談が来るようなWEBサイトや会社案内資料作成等も歓迎)
  • 営業現場の人材不足を改善するための採用戦略に詳しい方

 

ENTRY

  1. <受付終了>「あったら便利、あったらいいのに..」農業現場の声をカタチにして62年

ENTRY

応募、お問い合わせはこちらから
*は記入必須となります。

個人情報の取り扱いに関して

個人情報の取扱いについてはこちらをご確認ください。